防災対策をはじめましょう

地震や風水害など大災害が発生した場合、公共の防災機関は総力をあげ応急対策を行います。しかしながら、すべての地域に対応することは困難となります。
たとえば、阪神・淡路大震災のときのように、道路が不通となり、ライフラインが寸断されたり、同時に火災や家屋倒壊が発生したりすると、通常の場合と同じような消防活動や救助活動を行うことができません。
各自がバラバラに動いても個人の力には限界があり、かえって危険な場合もあります。その時こそ、家族だけではなく、隣近所の人と協力し合い、組織的に行動すれば、より大きな力となって、災害を最小限に食い止めることができます。
 災害に強い安全な地域社会を作るためには、住民一人ひとりが日頃から自主防災の意識を持って地域の安全を考え、災害が発生した場合にも的確に対処できる基礎知識を身につけておくことが大切です。
関連情報



-お問い合わせ-
総務課
電話0796-36-1111
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?