野外焼却はやめましょう

 ごみの野外焼却は法律により一部の例外を除き、禁止されています。
 
 近年、下記のようなごみの野外焼却に対する
苦情が多数寄せられます。
  
  
煙すすや臭いにより洗濯物などが汚れる。
  
煙が目にしみたり気分が悪くなる。
  
窓が開けられない。

 ごみを野外で燃やすと、煙すすや臭いで近所の方々へ迷惑となるだけでなく、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素や有害物質のダイオキシン類を発生する可能性があります。
 違反した場合は、5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金に処せられることがあります。

野外焼却禁止の例外
・風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な焼却物の焼却
  例 : とんど焼きなど
・農業、林業、漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却
  例 : 水田の稲ワラの焼却、土壌改良のための焼畑など
・たき火など廃棄物の焼却であって軽微なもの
  例: たき火、キャンプファイヤーなどを行う際の軽微な焼却
・災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却

 ※どんな場合においても、近所の迷惑になる場合や、ビニール及びプラスチック類の焼却は行うことができません。
 ※田畑で草などを燃やすことに対する苦情もあります。
 
 例外であっても、周辺の方から苦情などがあった場合は、焼却を止めていただくようお願いすることがあります。

ご近所の方への迷惑になる野焼きはやめましょう。


-お問い合わせ-
町民課
電話0796-36-1110
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?