ふれあい歴史公園のご案内

歴史公園入り口 中世の山城跡を、やぐら、堀切等の復元により公園化した里山です。
城山城は主郭、東西南北の4つの砦で構成され、東西150m南北500mに及ぶ広大なもので山裾は久須部川と大谷川が取り囲み天然の要塞になっています。
 この山城は、1190年から1199年に朝倉高清によって築かれその後八木七郎高茂が城主となりました。
 高清は、もともと八鹿町朝倉に住んでいましたが、平家に加担したことにより平家が敗れるとともに小代区実山の山奥の内倉洞に主従で隠れ住んでいました。しかし関東に白猪が現れ人も食いちぎるほどで人々が弱っているときに剛弓で倒したことにより許され旧領地だけでなく但馬一円の領地を与えられたと言われています。
 その子孫の一人が戦国大名越前朝倉氏の基礎を築き福井県一乗谷を居城にして織田信長に滅ぼされるまで栄えました。
 施設内は、物見やぐらや昔をイメージした案内看板などがあります。
 コナラ、イヌシデ、クリ、赤松などに囲まれた散策道もあり、野山の小動物と出会えるかもしれません。

所在地
  香美町小代区忠宮

料金
  無料
散策道

周辺案内図
ふれあい歴史公園周辺地図


-お問い合わせ-
観光商工課
電話0796-36-3355
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?