県指定文化財「吉滝」のご案内

文化財指定年月日  昭和47年3月24日
所有者・管理者    鍛治屋区
吉滝
 この滝は、上方23m、下方5m上下2段で形成され、28mの高さがあります。
 滝壺の背後にある洞窟中に吉滝神社があり、滝を裏側から見られるところから「裏見の滝」とも呼ばれるめずらしい滝です。
 滝の左右の岸壁の裂目より、小滝ながら、向かって右側に金滝(5m)、左側に銀滝(8m)が落下しています。
 この滝の水は、滝壺に集まった雲母の金粉や銀粉がきらめいているように見え、滝の周囲にはスギ、トチ、ケヤキ等の巨樹がよく繁茂しています。
 特にスギの巨木は、伸びの良い「小代杉」の母樹として大切に保護されています。

【場所】
 香美町小代区鍛治屋地内

周辺地図
吉滝周辺地図


-お問い合わせ-
観光商工課
電話0796-36-3355
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?