戸籍・住民登録に関する主な証明と届出・申請

戸籍・住民登録に関する主な証明と届出・申請



 戸籍や住民登録に関する証明書は、本庁または各地域局に請求してください。
 なお、代理人が請求されるときは、委任状などの書面が必要です。

 戸籍や住民票の写し等の請求及び各種届出の際には、窓口に来られた方について本人確認ができる書類の提出をお願いします。
 詳しくは、「戸籍や住民票交付請求等の時は「本人確認」を行っています」をご覧ください。



戸籍・住民登録に関する主な証明手数料一覧


各種証明 手数料
戸籍全部・個人事項証明(戸籍謄本・抄本) 1通 450円
除籍全部・個人事項証明(除籍謄本・抄本)、改製原戸籍 1通 750円
住民票の写し(世帯の全部、世帯の一部) 1通 300円
戸籍の附票の写し 1通 300円
印鑑登録証 1件 300円
印鑑登録証明書 1通 300円
身分証明書 1通 300円
住民基本台帳カード(「住基カード」) 1件 500円
 
戸籍に関する主な届出

 戸籍の届出のうち、「婚姻届・離婚届・養子縁組届・養子離縁届・認知届」については、虚偽の届出を防止するため、届出人の本人確認を行っています。
 届出の際には、運転免許証など顔写真付きの公的身分証明書の提示をお願いします。
 なお、届書に書かれた当事者の本人確認ができなかった場合は、届出があった旨の通知をします。
 詳しくは、「戸籍や住民票交付請求等の時は「本人確認」を行っています」をご覧ください。

届出の種類 届出の期間・届出できる人 届出先 届出に必要なもの
出生届 ・届出の期間
 
生まれた日から14日以内
・届出できる人
 父または母
 ※代理として使者が届出されるときも届出人は父または母(父母)となります。
出生地、本籍地、届出人の所在地のいずれか ・出生届書
・出生証明書(出生届書についています)
・印鑑
・母子健康手帳
・国民健康保険証(該当者)
死亡届 ・届出の期間
 死亡の事実を知ってから7日以内
・届出できる人
 届出できる人の順序は次のとおりです。
 死亡者の同居の親族、その他の親族、同居者、家主、地主などの関係者
死亡者の本籍地か死亡した場所の市区町村役場、あるいは届出人の所在地 ・死亡届書
・死亡診断書(死亡届書についています)
・印鑑
婚姻届 ・届出の期間
 いつでも
 ※届出された日から効力が生じます。
・届出できる人
 夫と妻
 ※届出の際に夫と妻の本人確認ができなかった場合は、後日届出のあった旨の通知をします。
夫と妻のどちらかの本籍地または所在地 ・婚姻届書
・夫婦の印鑑(一方は旧姓の印鑑)
・戸籍全部事項証明(戸籍謄本)
 ※本籍地以外に届出する場合
離婚届 ・届出の期間
 いつでも
 ※届出された日から効力が生じます。
・届出できる人
 夫と妻
 ※届出の際に夫と妻の本人確認ができなかった場合は、後日届出のあった旨の通知をします。
届出人の本籍地または所在地 ・離婚届書
・夫婦の印鑑
・戸籍全部事項証明(戸籍謄本)
 ※本籍地以外に届出する場合
転籍届 ・届出の期間
 いつでも
 ※届出された日から効力が生じます。
・届出できる人
 戸籍の筆頭者とその配偶者
 ※どちらかが死亡等ですでに除籍になっている場合は、お一人です。
現在の本籍地、届出人の所在地または転籍地 ・転籍届書
・筆頭者および配偶者の印鑑
・戸籍全部事項証明(戸籍謄本)
※本籍地以外に届出する場合

●戸籍の届出のうち、認知届、婚姻届、離婚届、養子縁組・離縁届については、届出の際に自分自身が窓口に来たことが確認できない場合には、戸籍の届出を受理しないよう、あらかじめ市区町村長に申し出することができます。(以下「不受理申出」といいます。)
 この不受理申出及び不受理申出の取り下げは、市区町村の窓口で行ってください。
 その際には、本人確認を行います。


住民登録に関する届出

 届出される方の本人確認ができる書類の提示をお願いします。(運転免許証、健康保険証など)
 住民異動の届出ができる人は、本人または世帯主です。
 本人または世帯主以外の人が届出をされるときは、本人の委任状などの書面が必要になります。

届出の種類 届出の期間 持参していただくもの
転居届
※町内で住所が変わったとき
転居した日から14日以内 ・印鑑
・委任状(本人または世帯主以外の人が届出する場合)
・町が貸与している防災無線端末機(世帯の全員が転居する場合)
・国民健康保険証(該当者のみ)
転入届
※町外から香美町に住所が変わったとき
香美町に転入した日から14日以内 ・転出証明書(前に住んでいた住所地から交付されたもの)
・年金手帳(該当者のみ)

住基カードを持っている方は「特例転入届」になります。
・在留カード、特別永住者証明書(外国人の方)
転出届
※香美町から町外へ住所が変わるとき
・転出する前14日以内
 または転出後14日以内
・印鑑
・国民健康保険証(該当者のみ)
・その他医療受給者証など(該当者のみ)

・町が貸与している防災無線端末機(世帯の全員が転出する場合は返却してください)
※転出証明書は郵便で請求することもできますので、下記様式「住民異動届」をご利用ください
 郵便で転出届の手続きをされる場合は、本人確認ができる書類などの写しと返信用封筒(住所、氏名を記入し切手を貼ったもの)添付してください。転出証明書の送付先が住民登録地でない場合、アパート等の契約書のコピー等が必要です。
世帯主変更届
※世帯主が変わるとき
変更のあった日から14日以内 ・国民健康保険証(該当者のみ)


印鑑登録について

 印鑑登録は、個人の印鑑を不動産の登記、売買契約、公正証書の作成など公に証明するための登録です。
 登録できる印鑑は一人一個となります。


 ・印鑑登録できる人
  香美町に住民登録をされている方で、満15歳以上の方。
  ただし、成年被後見人は除かれます。


 ・印鑑登録の申請
  印鑑登録の申請は、登録を受けられるご本人が直接申請していただくことになりますが、病気やその他やむをえない理由で窓口で手続きができない場合は、代理人が申請できます。
  印鑑登録の申請は、ご本人であることを証明する書類が必要になります。
  登録するご本人が来庁された場合でも、ご持参された本人確認書類によっては登録まで日数がかかる場合があります。
  なお、代理人の場合はいずれにおいても即日交付ができませんので、余裕をもって手続きをしてください。



○登録する本人が申請する場合
 申請のときに提示される本人確認書類の種類によって、交付の方法が次のとおり異なります。

申請に必要なもの 注意点
・登録する印鑑
・官公署発行の顔写真付きの身分証明書
※運転免許証、住民基本台帳カード、パスポートなど
<即日登録・交付できます>

※ご本人が官公署発行の顔写真付きの身分証明書または保証書を持参された場合に限り、即日登録・交付できます。
・登録する印鑑
・保証書 (用紙は役場、各地域局にあります。)
※保証書は、登録される人が本人であることを保証するものです。保証人欄は、香美町ですでに印鑑登録をしている方の署名と登録印を押印していただく必要があります。
・登録する印鑑
・官公署発行の顔写真付きの身分証明書または保証書がない場合、健康保険証、年金手帳や年金証書などの場合は、即日交付できませんので、余裕をもって申請してください。
<登録・交付まで日数が必要です>
※即日交付できません


※「照会・回答書方式」の登録となります。

【登録までの流れ】
 申請を受け付けた後ご本人宛に「照会・回答書」を発送します。
                   ↓
 「照会・回答書」が届きましたら、登録する本人が住所・氏名を記入して、登録される印鑑を押印の上、ご本人が窓口に持参してください。
 そのときには、健康保険証、年金手帳、年金証書などをご持参ください。


○代理人が申請する場合
 代理人が申請されるときは、代理人に委任した旨の本人署名の「代理権授与通知書」が必要です。
 委任されたことを確認するため、「照会・回答書」を本人に郵送し、照会・回答書を持参していただいて、はじめて印鑑登録証を交付します。


申請に必要なもの 注意点
・登録する印鑑
・代理権授与通知書(用紙は役場、各地域局の窓口にあります。)
・代理人の認印
<登録・交付まで日数が必要です>
※即日交付できません

【登録までの流れ】
 代理人は、登録する本人が自署した代理権授与通知書と登録する印鑑を持参して、交付申請書に記入します。
                   ↓
申請を受け付けた後、登録する本人宛に「照会書兼回答書」を発送します。
                   ↓
 「照会・回答書」が届き、印鑑登録を委任されたことに間違いなければ、登録されるご本人が住所・氏名を自署して、登録する印鑑を押印の上、ご本人が窓口に持参してください。
 また、登録される本人の本人確認書類(※注1)をご持参ください。
 なお、印鑑登録証の受領を代理人に委任することもできます。

【印鑑登録証の受領を委任される場合】
 登録する本人の自署で「照会・回答書兼代理人選任届」の代理人選任届欄に記入をしてください。
 代理人は次のものを持参してください。
 ・登録する印鑑
 ・「照会・回答書兼代理人選任届」
 ・登録する本人の本人確認書類(注1)
 ・代理人の認印
 (※注1)
  登録する本人の官公署が発行した顔写真付きの身分証明書または健康保険証、年金手帳、年金証書など


住民基本台帳カード「住基カード」について

 住基カードは、高度なセキュリティ機能を備えたICカードです。
 また、顔写真付きの住基カードは、金融機関の手続き、携帯電話の契約、鉄道や飛行機の年齢割引運賃等を受けるときなどに、運転免許証などと同様に身分証明書として利用できます。
 希望される方に有料で住民基本台帳カードを交付します。(1件500円)
 
手続きは、次のものをご用意いただき、町民課または各地域局健康福祉係で申請してください。
 詳しくは住民基本台帳ネットワークシステムについて」をご覧ください。


申請者 持参していただくもの その他
本人
または
法定代理人
(申請時)
・印鑑
・顔写真 45mm×35mm
 ※顔写真付きカード希望者のみ。
  なお、ご希望により手続きの際に、町職員が写真撮影いたします。
(受領時)
・印鑑
・顔写真付き公的身分証明書 (運転免許証、パスポートなど)
・住基カード交付通知書兼照会書
・15歳未満の人および成年被後見人は、本人が申請することができませんので、法定代理人が申請してください。また、満15歳に達した未成年の人は、本人または法定代理人のいずれでも申請できます。

・顔写真付き公的身分証明書がない方は、健康保険証や年金手帳など2点で本人確認をします。

・カードの交付は、申請を受け付けてから1週間から10日程度日数がかかります。



戸籍の証明、住民票の写し等は郵便でも請求できます

 郵便で証明書を請求される際には、本人確認ができる書類の写しが必要です。
 また、証明書の返送先は現住所(住民登録の住所)となります。
 請求される場合は、次のものを同封のうえ郵送してください。
 なお、請求書については、「郵便申請による戸籍謄抄本等の証明の請求書」の様式をご利用ください。


・必要事項と昼間連絡ができる電話番号を記入した請求書(下記様式をご利用ください)
・本人確認ができる書類の写し(現住所が確認できるもの)を同封してください。(詳しくは「戸籍や住民票交付請求等の時は「本人確認」を行っています」をご覧ください。)
・返信用封筒(切手を貼って、住所・名前を記入してください。)
・手数料(郵便局の定額小為替をご利用ください。切手はご利用いただけません。)
 なお、送付していただく定額小為替は、おつりの要らないよう必要な証明の手数料額と同じ金額の定額小為替をお願いします。
 手数料金額は、必要な証明書の種類や通数によって変わりますので、ご不明な場合は事前にお問い合わせをしてください。
 ※手数料を現金書留で送付される場合も同様にお願いします。
 戸籍 ……1通 450円
 除籍、改製原戸籍 ……1通 750円
 住民票の写し、戸籍の附票 ……1通 300円

関連情報

ダウンロード



-お問い合わせ-
町民課
電話0796-36-1110
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)