三川山・三川権現のご案内

三川山
 氷ノ山・後山・那岐山国定公園の一峰、香住の屋根「三川山」は標高887.8mでシャクナゲやヒメコマツが群生し、ブナなどの原生林があります。また、近くを流れる佐津川周辺には多くの鳥や魚、昆虫が生息し、貴重な自然環境が残っており、ハイキングコースとしても人気があります。近年、遭難事故が発生しておりますので、登山される場合は十分ご注意ください。

三川権現社(所在地:香美町香住区三川)
 その三川山の麓にある三川権現は、修験道の開祖、役行者(えんのぎょうじゃ)が天武3年(674)に蔵王権現を勧請して開いたと伝えられています。大和の大峯山、伯耆の三徳山と並んで日本三大権現に数えられ、歴代の国主、諸公をはじめ人々の信仰を集めました。しかし天文7年(1538)、雷により奥の院を焼き、伽藍を焼失します。その後再建されますが、天保3年(1832)に土石流で全ての建物が埋没してしまいました。当時の出石藩主仙石氏らが再興を計り、高野山大僧正と信徒らにより蔵王堂が再建され現在の三川権現社があるとされています。
 権現社の隣には「ぽっくり尊」という仏様が祭られており、下着をここで加持してもらい身に着ければ、老いてから下のものの世話にならずに大往生できるといいます。苦しみを身代わりに背負ってくれる代苦仏です。
 さらに、ここには全国観音霊場百八十八ヶ所のお砂踏み場があり、ここに来ればその全てを巡ることができるようになっています。


三川権現春の大祭
 その三川権現社では、毎年5月3日に春を呼ぶ大祭「三川権現まつり」が開催され、全国各地から修験者や山伏が集まります。知恵の炎で煩悩を焼き払うという柴灯大護摩法要(さいとうおおごまほうよう)はこのまつりの呼び物の一つです。
 修験者が勇ましくホラ貝を吹き鳴らしながら入場し、境内の四方に結界の矢を放った後、中央の1m以上にも積まれた護摩に点火し、そこから立ち昇る炎と煙は圧巻です。この大護摩を一目見ようと、町内外から多くの参拝者が集まり、家内安全・祈願成就などの願いを込めて煙を手で呼び寄せます。

矢を放つ山伏

柴灯大護摩法要の様子

矢を放つ山伏

柴灯大護摩法要の様子

 また、地元の伝統芸能「三川権現太鼓」も披露されます。約1,300年前、ならず者たちが村を荒らしまわり、村人が困り果てていたところ、三川権現で修行していた役行者がならず者たちを諭し、村に平和が戻ったという言い伝えをもとに、ならず者を鬼に見立て、村人がホラ貝を吹き、竹を叩き、役行者を中心に最後はまとまるという内容を太鼓で表現しています。
 他にも境内の外では、地元の栃の実をふんだんに使った「栃餅」など特産品販売もあります。


周辺案内図

案内マップ

三川権現太鼓
 



-お問い合わせ-
観光商工課
電話0796-36-3355
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?